LIFE+プログラムとは

LIFEプログラムは欧州連合による唯一の環境問題に特化した金融プログラムです。34億ユーロの予算が割り当てられた2014~2020年の全体的な目標は持続可能な開発とヨーロッパ2020の戦略及び環境と気候の分野に関連する欧州連合の目標と目的に貢献することです。このプログラムは、予算の75%が割り当てられる環境プログラムと、25%が割り当てられる気候プログラムの2つに分けられます

サブプログラム

環境

気候

環境

気候

予算:

25億ユーロ

対象:

レベルでの官民団体のコンソーシアム(議会、町議会、大学、中小企業を含む公営及び民間企業、協会)が対象です。スタートアップ企業や起業家も支援を申し込むことができます.

環境と資源効率(7月14日締め切り)

環境と健康の関係を含め、環境課題に対する政策や管理のアプローチ、革新的な技術の開発と実証を含む最善の手段や解決策の研究に関心のあるプロジェクトを対象とし、「資源効率の高い欧州へのロードマップ」を含む資源効率に関連した政策や法整備を支援します。.

優先分野「自然と多様性」(7月16日締め切り)

自然と生物の多様性の分野におけるEUの政策や法整備の最適化に貢献することに重点を置いています。これは、2020年までのEUによる生物の多様性のための戦略と鳥類・生息地指令に包含され、Natura 2000ネットワークの開発・実施・管理を支援し、自然と生物多様性の分野におけるEUの政策と法律の開発・実施・評価・監視のための知識基盤を改善し、自然と多様性に直接影響を与えるものを評価・監視するためのものです。

環境ガバナンスと情報(7月16日締め切り)

第7次環境アクションプログラムの優先事項に沿った情報やコミュニケーション、啓発活動などのキャンペーン、効果的な管理体制を支援する活動、EUの環境法令遵守を促進するための措置、EU環境法令の実施に関する情報システムや報告ツールの支援などを行っています。

予算:

8億6700万ユーロ

対象:

地域レベルでの官民団体のコンソーシアム(議会、町議会、大学、中小企業を含む公営及び民間企業、協会)が対象です。スタートアップ企業や起業家も支援を申し込むことができます。

気候変動対策:

特に、気候変動を緩和するための政策または管理アプローチ、戦略、打開策の開発・試験・実証を通じ、すべての政策分野への統合を含む、EUの気候変動緩和政策および法律の実施と発展に貢献することが目的です。地方、地域、国レベルの気候変動緩和戦略や行動計画などにおいて、統合的アプローチの確立と実施を促進します。再生、変遷、主流化に適した革新的な気候変動緩和技術、システム、手法、ツールの開発と実証に貢献します。

 

気候変動への適応(10月6日締め切り:

気候変動への適応に関する連合の政策の開発と実施に貢献します。これには、生態系に基づくアプローチを含む、気候変動への順応のための政策または管理アプローチ、戦略、解決策の開発、試験、実証を通じた、全ての政策分野への統合が含まれます。例えば、地方、地域、国レベルの気候変動適応戦略や行動計画において、必要に応じて生態系アプローチを優先し、統合的アプローチの開発と実施を促進します。再生、変遷、主流化に適した革新的な気候変動適応技術、システム、手法、ツールの開発と実証に貢献します。

 

気候にまつわる情報と統制:

例えば、EUの気候政策の策定に対する一般市民やステークホルダーの支持を得ることで、気候に関する認識を促進し、持続可能な開発に関する知識を広めます。気候分野の情報の伝達、管理、普及を促進し、成功した気候に関する戦略の知識の共有を促進します。EUの気候変動に関する法律の遵守と効果的な施行に貢献します。政策の協議と実施に、NGOを含むステークホルダーの参加を促すことで、より良い気候ガバナンスを促進します。

プロジェクトの例と 20 LIFE プロジェクト

LIFE ECOdigestion 2.0

この第2プロジェクトの主な目的は、商用のツールを開発し、そのアクセス性と計算プロセスを改善するとともに、機能を向上させる新しいモジュールを含めることです。このソフトウェアの新バージョンは、パイロット版(前回使用)でテストされ、排水処理施設での基質の共消化で起こりうる様々なケースをカバーするために、異なる運転条件と使用される基質のもと、運用環境で実証される予定です(複数の国際的なパートナーと共同) 。LIFE EcoDigestion 2.0は、LIFE EcoDigestionプロジェクトの継続で、廃水処理におけるエネルギー自給率の達成を目的として、廃水処理施設の嫌気性消化器における共同基質の投与を自動制御するツールを開発しました。これらの目的は、プロセスの安定性を確保することで達成され、結果として生じるスラッジの衛生性も確保されます。

Sink

非有害廃棄物の有効利用により開発された「人工基質」(技術的改良物、テクノソイルとも呼ばれる)が、研究された特定の配合により、汚染度の高い都市や地域でNOx汚染(窒素酸化物)を削減することができ、その実用化が大気汚染の削減と適用された土壌の特性の改善のために実行可能であることを実証します。

目標1.NOxの排出において危険性の低い廃棄物より生産される「人工基質」の開発を進め、地質を向上させる。

目標2.4つのテストプロットと1つのリファレンスプロット(スペインとポルトガル)において、大気中のNOxの取り込みと土壌中の硝酸塩のモニタリングを目的とした、現実的で拡張性のある環境での「パイロットプロジェクト」の開発(初期のTRL6からTRL9まで)。

目標3.無害廃棄物の利用に関する現行法の現状調査、および法的規制の枠組みの仕組みの改善。

HTWT

HTWTプロジェクトでは、使用済みのディスプレイやモニターを回収・処理するための包括的な管理計画を策定するとともに、LCD、LED、プラズマスクリーン、太陽光発電パネルを処理するための産業用プロトタイプを開発することを目的としています。これをさまざまな種類のスクリーンやデバイスでテストし、適切な処理プロセスを確立し、再利用可能な素材を生産することになっていました。

HTWT社が採用を予定していた技術は、コネクター、プレート、端子、ネジ、ワイヤー、トラックなどのディスプレイの金属要素に熱を伝え、熱可塑性の部品(絶縁体、接着剤)を溶かすための誘導コイルです。熱可塑性材料が溶けることで部品の分離が容易になり、ディスプレイの分解に要する時間が短縮されるとともに、環境に配慮した部品が破損するリスクも軽減されると想定されています。このプロジェクトでは、ディスプレイやモニターの素材の回収・リサイクルを促進することで、埋立地に送られる有害廃棄物の量を減らし、エレクトロニクス分野における原材料の消費を削減することが期待されています。

FinnovaはヨーロッパLIFE20年ブック制作にも参加しました